ドン・キホーテの免税購買は電子化に切り替えます!お客様への注意事項一覧まとめ

日本では、2021年10月1日より、全ての免税販売が電子化に切り替わりました。免税販売が電子化後には、免税で購入した際の手続きはどう変わるのか?どのような注意事項があるのか?皆様からよく聞かれるQ&Aをこの記事で紹介します!

免税電子化とは

免税サービスを利用した事がある方ならご存知かと思いますが、購入後に発行される長いレシートを出国するまでパスポートに貼る必要がありました。税関で購入した商品を確認するにはこのレシートが必要だったからです。

電子化に切り替わったことで、購入した商品情報はタイムリーに日本の国税庁にデータで送信されるので、パスポートにレシートを貼り付けることが不要となりましたこれでパスポートもスッキリですね!

免税販売電子化後、購入時の流れ

当社で免税サービスを使って購入する際は、主に2つの方法があります。一つは最初から消費税を頂かない会計方法、もう一つは消費税を加算した会計後、消費税をご返金する方法です。それぞれの流れを分けて説明しますね。

消費税を頂かない会計方法

今すぐ免税の流れ
  1. 免税サービスで購入したい商品をすべてスタッフに渡します。パスポートや上陸に関連する書類も併せてご提示ください。
  2. パスポートは読み取り処理が終わりましたらその場で直ぐ返却いたしますので、その場から離れないようお願いします。
  3. スタッフが会計処理を行います。ドン・キホーテでは、現金クレジットカードアリペイWeChat Payなど、様々な支払い方法が選べます。
  4. 支払い完了後、スタッフより電子機器を渡されます。国税庁よりお客様への注意事項が書いておりますので、必ず最後まで内容を確認し、確定欄にチェックを入れてください
    ※緊急連絡先の記入は任意です。
  5. 梱包済みの商品を受け取りましたら、以上となります。ご利用ありがとうございました!

消費税を加算した会計後、消費全をご返金する会計方法

後から免税の流れ
  1. 会計済みの商品とレシートパスポートや上陸に関連する書類をスタッフにお渡しください。
  2. パスポートは読み取り処理が終わりましたらその場で直ぐ返却いたしますので、その場から離れないようお願いします。
  3. お客様がお支払いした課税分を現金にて返却いたします。
  4. 現金受け取り後、スタッフより電子機器を渡されます。国税庁よりお客様への注意事項が書いておりますので、必ず最後まで内容を確認し、確定欄にチェックを入れてください。緊急連絡先の記入は任意です。
  5. 梱包済みの商品を受け取りましたら、以上となります。ご利用ありがとうございました!

電子化前は購入誓約書にサインしたり、パスポートが購入レシートだらけになっていたりしてましたが、これでいろいろとスッキリしましたね!

注意事項の確認の文字が少し小さいため、読みにくいかもしれません。拡大印刷した掲示物での確認もできますので、お困りでしたらスタッフにお声がけくださいませ。

電子化後の注意事項

上記の画像通り、免税に関する注意事項は今までの免税と変わっておりません。電子化になることで、日本の国税庁にお客様の免税状況がタイムリーにデータで流れるため、今まで通りルールを守って免税サービスをご利用くださいませ。特に下記のルールにはお気を付けください!

  • 日本国内での開封や使用
  • 日本在住の方や他人への譲渡や販売
  • 事業用または販売用としての購入

その他よくある質問

Q:免税で買えない商品はありますか?

A:あります。非課税のPOSAカードや、金、プラチナなどの貴金属、商品券などは免税購入できません。なお、明らかにすぐに開封、使わなければならない商品(刺身、アイスクリームといった冷凍や冷蔵が必要な物)も、通常の会計で処理させていただきます。

Q:YOKOSOクーポンとMAJICAカードを両方所持してます、一回の会計で二つとも使うことは可能ですか?

A:免税購入の際は1つしか選べませんので、あらかじめどちらをお使いになるか、お決めください。なお、ようこそカードを使う場合は、できる限り会計の前にご提示ください

Q:親のクレジットカードを持ってます。自分のパスポートで免税、親のカードで支払いはできますか?

A:クレジットカードは名義人ご本人しかご利用できません。また、法人、会社名義のクレジットカードもご利用できません。

Q:商品を宿泊先のホテル、または空港に発送することは可能ですか??

A:店舗にもよりますが、おおむねできます。ただし、日本国内に在住する友人の住所に発送することはできませんので、あらかじめご了承ください。配送料は店舗によって異なりますので、ご利用店舗にてご確認くださいませ。

Q:免税後の取り消し、追加、返品はできますか?

A:可能です。免税でお会計した商品すべてを持参する必要があります。また、レシートも持参頂けますと会計処理がよりスムーズに行えます。再梱包する必要がある際は少し時間に余裕をもってお越しください。

まとめ

今回は免税販売が電子化についてご紹介しました。免税対象者や、免税商品の区分については別の記事で詳しく説明しますね。何かお困りのことがありましたら、いつでも従業員に質問してくださいね!いつでもウェルカムです!是非、ドン・キホーテでの免税ショッピングを楽しんでくださいね~

この記事のコンテンツは PPIH インバウンドサポート部により作成され、許可なしでの転載、コピーは固くお断りします。


参考資料&画像出典

タイトルとURLをコピーしました